初心者向けの保険ナビ

保険についてしっかりと考える

現在我が国にはたくさんの保険があります。
その中から自分に合った保険を選ぶと言うことがわからないという人が多くなっています。

 

そこで保険の選び方の目安の一つとして、ライフステージ別に選ぶという方法があります。
たとえば人生のなかで結婚をするということがありますが、結婚をするときの保険の選び方は次のようになっています。

 

それは現在加入している保険の状態を確認するということから始めます。
結婚をしたときにはお互いの保険の加入状況を確認します。
保険を検討するときには夫婦のいずれかが残され時の経済的な観点から見極めるようにします。
そのために最初に国の社会保障を確認します。

 

そして次に会社の保証がどのくらいあるのかと言うことを考えていくと言うことが大切になります。

 

こうして検討していく中で足りない部分を民間の生命保険に入るなどで補っていくのです。
この流れが保険の選び方の大切な方法です。

 

子供が生まれたときの保険の選び方としては、家計の稼ぎ頭の収入を補うことができる保険を選ぶようにします。また子どもに何かあったときの場合をしっかりと考えるようにします。そのために子どもの病気やケガのことを考えます。そして子どもの将来のために学費を貯めると言うことも大切です。これが賢い保険の選び方です。

保険の種類

よく、どんな保険に入ったらいいのかわからない、病気の時、困らないためにも保険に入りたいなど保険に加入する時に悩むものがどんなものに入ったらいいかです。
保険には、様々な種類があります。保険の種類について説明します。

 

まず、多くの方が加入している生命保険(死亡保険)があります。死亡した時に保障が受けられるものです。
そんな死亡保険にも様々な種類があります。

 

一生涯保障のある終身保険と一定の期間保障のある定期保険、死亡保障額と満期金が同額の養老保険もあります。
他にも、三大疾病保障保険という、死因ががん、脳卒中、心筋梗塞の場合に死亡保障にプラスして保障が受けられます。

 

医療保険

また、死亡保険同様に多くの方が加入しているものに医療保険があります。
入院給付金と手術給付金を受けることができます。

 

がん保険

また、がん保険もあります。がんで入院したり、手術した時に保障が受けられます。

 

学資保険

そして、子供のための教育を考えた保険もあります。
それは、学資保険で教育資金を積み立てる保険です。

 

年金保険

また、定年後の年金生活に備えるための保険として年金保険もあります。

 

傷害保険

また、医療保険ではなく、傷害時に保障される傷害保険もあります。

 

自動車保険

自動車保険も保険のひとつといえるでしょう。

 

このように様々な保険の種類があり、自分に適したものを選択することが大切です。

まずはネットや無料相談窓口で気軽に調べよう

現在数多くの保険会社がありそれぞれに特徴のある商品がありますが、その数が多いだけになかなか加入をする保険を決めることができないという人もいます。

 

保険の選び方がわからない、自分にあった商品がどういったものであるか見当がつかないと悩んでいる人もいるのです。そういった時には、インターネットを利用することです。

 

インターネットを利用して保険にランキングサイトを見れば、多くの人に選ばれている商品が一目瞭然でわかります。保険についてほとんど知識がないという人であっても、人気の高い商品であれば不安を抱くことなく加入をすることができるのです。初めて保険に加入するという人にも大変参考になります。

 

また、ネットでは保険の契約をできるネット保険も最近では人気です。

 

他にも最近では来店型保険ショップといった無料で保険の相談をすることができる場所もあるので、そういった場所を訪ねることも方法の一つです。

 

保険に精通したプロが中立の立場でアドバイスを行っているため、誰でも気軽に相談をすることができます