自動車保険の種類

自動車保険の種類

自動車保険の種類は、自賠責保険と自動車保険の2種類に分けられます。
自賠責保険というのは自動車を購入した際、必ず加入しなければいけない保険です。

 

この自賠責保険の場合は人身事故の際だけに適応しており、支払われる金額の限度額が決められています。

 

自動車保険というのは任意保険になっており、人身事故や物損事故などすべての事に保証することが可能になっています。

 

その保証できる保険の種類は、いくつかに分類されています。
「対人賠償責任保険」は人身事故に対して保証をするものです。

 

自賠責保険によって賄いきれない場合、この保険が適用されることになります。
「自損事故保険」は、自損事故による保証をするものです。

 

「搭乗者傷害保険」は、同乗者の為が怪我などをした場合に支払われる保険の事です。

 

「無保険者傷害保険」は、事故に合った相手が保険に加入していない場合に適応されるもので、相手から十分な賠償を受ける事ができない場合に補償をしてくれるものです。

 

「対物賠償責任保険」は、他人の物に対して損害を与えた場合に適応されるものです。

 

「所領保険」は、保険対象車が損害を受けた場合の補償をしてくれます。

 

「人身損害補償保険」は、被害者が傷害を被った場合に適応されます。

 

このように任意保険は、様々な種類に分類されています。