生命保険の種類や選び方

生命保険とは?

生命保険とは、怪我や病気で入院した際や、万が一死亡した場合に備えて加入する保険です。
そのため、たいていの方が加入されているのではないでしょうか。

 

一昔前までは、定期保険が主流でした。
定期保険とは、ある年齢を満期として保障するタイプです。

 

例えば、60歳満期で契約をすると、60歳までは保障されますが、それ以降はあらたに加入しなおす必要があります。しかし、年齢を重ねると、保険料も高くなってしまいます。実際に保険を必要とするのは、高齢になってからであり、そのような際には保険料が高くなってしまう、というケースが良くあります。
そこで、最近は終身保険が人気を集めています。
これは、ある期間保険料の払い込みをすれば、その後は一生保障が付くというタイプです。
外資系の保険会社が取り扱いを始めたことから人気を集め始め、今では生命保険の主流となっています。

 

また、生命保険には、先進医療特約を付けることもできます。がんなどの病気で高度な治療を受けたい場合、これに加入しておけは、安心して医療を受けることができます。

 

保険料に100円ほど追加するだけで加入できます。
ただし、厚生労働省が認めた医療機関で先進医療を受けた場合のみ、保障の対象となります。

 

生命保険といっても様々なタイプがあるため、良く考えて加入することをおすすめします。

生命保険に加入するメリット

生命保険に加入する事では、やはり毎月にその掛け金を支払う事が必要であり、そこで生活に合わせた形で入る状況を考える事がやはり無理の無い状況での生命保険となります。

 

加入する事ではもし病気や怪我などで入院をする事となっても、入院の補償に加入していれば、そこで病院の費用負担の部分が軽減出来る状況となり、病気が長引く事となれば、それだけ費用の面でも心配となったりする事で、やはり生命保険の存在意義が現れる事となります。

 

 

掛け金に応じて色々な補償に加入する事となりますが、原状で行える範囲のものに入っていれば、ある程度は心配する所も負担軽減して行く事となり、まずは生命保険のプランを業者の方に相談しながら、原状で必要なものと必要無いものを見分けていく事で、保険の加入を行う事で少しは負担を軽減する事も出来ます。

 

 

生命保険に加入する事では、年末調整などで所得税が少し戻って来ると言ったメリットもあり、そこで保険の負担も少しは下がる事となります。

 

こうした生命保険の加入を行って、もしもの怪我や病気の時の入院時に働けない状況で負担を出来るだけ軽くする補償にしっかりと入っている事がやはり普段からゆとりを持った生活を生命保険により行える事となります。